活動報告 一覧

メインメニュー

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

検索

2007年7月8日(日曜日)

2007.3 ひろば通信no.5「松葉のダイオキシン調査・重金属類調査の結果報告」

カテゴリー: - kato @ 06時34分11秒

彩の国資源循環工場と環境を考えるひろばからのお知らせ No.5
「松葉のダイオキシン調査・重金属類調査の結果をご報告します」

<ダイオキシン類 測定結果から>
・どの年も敷地外より敷地内の方が濃度が高い。
・敷地内は年々濃度が高くなっています。
・敷地外は2006年度には下がりました。
・環境省による小川局での測定値と比べると、敷地外は約1.3倍、敷地内は約2.4倍の濃度です。全国平均値と比べると、敷地外は約1.6倍、敷地内は約2.4倍。

<重金属類 測定結果から>
・重金属類の敷地内外での比較:カドミウムは敷地内のほうが敷地外より約1.5倍
濃度が高かった。
・鉛は敷地内のほうが敷地外よりも約1.1倍濃度が高かった。
・2004年度のカドミウムと2005年度の鉛については敷地外の方が濃度が高かったが、2006年度はカドミウム、鉛とも敷地内のほうが濃度が高かった。

● 調査の目的は?
一般焼却炉・ガス化溶融炉
灰溶融炉など高温処理施設では、ダイオキシン類対策はされていても、重金属類が大気中に拡散することが危惧されています。
稼動前の2004年度、1月から順次稼動となった2005年度、全工場が稼動になった2006年度と毎年測定し、比較すると工場からの影響がみえてきます。

http://ecohiroba.net/textpdf/2007.3.doc


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

62 queries. 0.014 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


活動目的と活動内容
<活動目的> 彩の国資源循環工場についての活動を通じて、大量生産・大量消費・大量廃棄の社会の仕組みを見直し、地球にやさしい本来の資源循環型社会を目指します。 <主な活動内容> ・松葉によるダイオキシン類・重金属類調査と報告会 ・桜(ソメイヨシノ)異常花発生率調査[桜調査ネットワーク] ・小川町、寄居町の小中学校健康保険調書による疫学的調査 ・アサガオによる光化学スモッグ調査[埼玉県環境科学国際センター] ・埼玉県へ意見書・要望書・公開質問状 提出 などなど…ぜひ、あなたの力をお貸しください。 いっしょに活動する「正会員」、イベント情報受け取れる「賛助会員」があります。

新着リンク