活動報告 一覧

メインメニュー

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

検索

2007年3月2日(金曜日)

2007.3.2 彩の国資源循環工場 灰焼成炉からの黄色い落下物について追加質問

カテゴリー: - kato @ 11時48分55秒

2007年3月1日、埼玉県環境部資源循環課に催促の電話を入れたら、やっと資料のFAXが届きました。(正式なお返事はまだです)
要請したのが2月22日、すでに資源循環課として保有している資料だというのに1週間以上もかかるのはどういうことなのでしょうか?
その中に、簡易含有量試験結果があり、あまりにも猛毒の六価クロムを含む総クロム、カドミウム、鉛の割合が高いので、再度本日3月2日メールにて質問をしました。
後日、正式な文章を送ります。

埼玉県環境部資源循環推進課 御中

金井課長様

先日2月22日に要請しましたヤマゼンからの黄色い落下物について、
1週間と1日かかり昨日やっと資料をいただきました。(正式な返事はまだ)

それを受け、追加質問をさせていただきます。

7)簡易含有試験で鉛が18500ppm、カドミウムが495ppm、クロム(六価クロム含む) が1390ppmなど異常に高いのですが、どうしてこのような高濃度になるのか教えて ください。

                    加藤

LOVE YORII OGAWA LOVE CHILDLEN THINK OUR FUTURE
彩の国資源循環工場と環境を考えるひろば
http://www.ecohiroba.net/
LOVE YORII OGAWA LOVE CHILDLEN THINK OUR FUTURE


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

62 queries. 0.009 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


活動目的と活動内容
<活動目的> 彩の国資源循環工場についての活動を通じて、大量生産・大量消費・大量廃棄の社会の仕組みを見直し、地球にやさしい本来の資源循環型社会を目指します。 <主な活動内容> ・松葉によるダイオキシン類・重金属類調査と報告会 ・桜(ソメイヨシノ)異常花発生率調査[桜調査ネットワーク] ・小川町、寄居町の小中学校健康保険調書による疫学的調査 ・アサガオによる光化学スモッグ調査[埼玉県環境科学国際センター] ・埼玉県へ意見書・要望書・公開質問状 提出 などなど…ぜひ、あなたの力をお貸しください。 いっしょに活動する「正会員」、イベント情報受け取れる「賛助会員」があります。

新着リンク