活動報告 一覧

メインメニュー

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

検索

2006年11月27日(月曜日)

2006.11彩の国資源循環工場産業廃棄物処理施設 県による環境調査時の炉の稼動状況

カテゴリー: - kato @ 09時09分53秒

彩の国資源循環工場産業廃棄物処理施設では年4回、一週間かけて排気による大気の影響を調べるために大気測定をしています。
その貴重なたった年4回の測定時、焼却関連の4社(オリックス資源循環<ガス化溶融>・エコ計画<焼却>・埼玉ヤマゼン<焼成>・ウムヴェルトジャパン<  >の炉の稼動状況を調べてみました。

http://ecohiroba.net/textpdf/2006.11kankyouchousa.pdf

なんと、せっかくの大気測定時、4社とも稼動していない日もあり、稼動している炉は4社中1社だけが多く、2社だけというときもあります。
4社の炉がすべて稼働していたのは(4社すべて稼動を始めた平成18年春季から)、21日中たったの2日。しかも1日は12時間、もう1日は6時間30分のみ。
各社とも環境測定の日程を知らせていないということですが、炉が稼動していなくては、何のための大気測定なのか。。。
この測定は事業者である埼玉県が、その出先機関の埼玉県環境国際センターにやらせています。本来ならこのような環境測定は事業者側でなく被爆側である住民が選んだ、第3者であってほしいものです。


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

62 queries. 0.016 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


活動目的と活動内容
<活動目的> 彩の国資源循環工場についての活動を通じて、大量生産・大量消費・大量廃棄の社会の仕組みを見直し、地球にやさしい本来の資源循環型社会を目指します。 <主な活動内容> ・松葉によるダイオキシン類・重金属類調査と報告会 ・桜(ソメイヨシノ)異常花発生率調査[桜調査ネットワーク] ・小川町、寄居町の小中学校健康保険調書による疫学的調査 ・アサガオによる光化学スモッグ調査[埼玉県環境科学国際センター] ・埼玉県へ意見書・要望書・公開質問状 提出 などなど…ぜひ、あなたの力をお貸しください。 いっしょに活動する「正会員」、イベント情報受け取れる「賛助会員」があります。

新着リンク