活動報告 一覧

メインメニュー

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

検索

投稿者: kato 投稿日時: 2005-10-6 18:03:19 (680 ヒット)

 2005年4月9日に行われた「大間違いの廃プラごみ発電」の集会で「焼却による重金属汚染の実態」栄工場のゴミを考える会 代表 西岡政子さんの報告は学校保健(児童生徒疾病等傾向)実態調査をもとに、ぜん息や腎臓、心臓疾患・アレルギー性耳鼻咽喉などに罹っている子どもの数が極端に少ない学校と高い疾患率の学校があることをつきとめ、周辺環境に「なにか原因がある」のではと検証したものでした。
 行政の資料を使うことによって疫学調査をあらためてする必要がなく、信頼性も確保されています。
 皆さんもそれぞれ地元でゴミ減量へ向けての活動やゴミ処理施設への働きかけをされていることと思います。全国的に行われているこの小学校での健康調査を地図に落とすことによって、その分布により焼却施設・破砕圧縮施設・ゴミ山などが周辺環境とくに子どもたちへの影響が目に見える形で浮き彫りにされます。
 西岡さんに詳しい活動のお話をお聞きして、皆さんの活動に生かすことができますので、その手法と活動を紹介したいと思います。

続き... | 残り1254バイト | コメントする

投稿者: kato 投稿日時: 2005-9-14 8:50:00 (570 ヒット)

平素より埼玉の会の活動にご理解とご協力をいた だき、感謝しております。
さて昨年、皆様からのご支援をいただき、一都 5県一斉に5400名の監査請求をしました。しかし、「却 下」または「棄却」という監査結果を受けて各都県の会は、11月提訴し、埼玉県では、4回目の裁判が9月7日に行われ、現在に至っております。

つきましては、今までの報告と今後の活動方針を 話し合いたく、下記の要領で埼玉の会の総会を致しますので、是非 万障お繰り合わ せの上、ご出席ください。
尚、総会後、ダムの映画としては、行政の危機管 理や専門家の判断などについては、示唆に富んだ内容でしかも3つの村を飲みこみ、 大変な被害をもたらしたイタリアのダム「バイオントダム」の映画を DVDで、上映します。
 この映画は、娯楽性もあり、楽しんでご覧にな れると思いますので、友人知人もお誘い合わせて、鑑賞くださるようにお願いいたし ます。

続き... | 残り1144バイト | コメントする

投稿者: kato 投稿日時: 2005-9-13 9:32:25 (614 ヒット)

9月19日(月)1:30 新宿御苑インフォメーションセンター(新宿門手前左側)で、「子どもの健康と環境汚染」講演会があります。
 アメリカのNPOに学ぶ「子どもの健康と環境汚染」「CHEJ」ラブキャナル事件(http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=2648)とアメリカの環境汚染問題など キャンペナーのお二人の報告、コメンテーターに神山美智子 中島貴子さん。

続き... | 残り547バイト | コメントする

投稿者: kato 投稿日時: 2005-7-1 10:19:01 (623 ヒット)

  ☆子どもプロジェクトとは?
 いま、子どもたちのカラダに深刻な異変が起こっています。多くの子どもが、かならずしも健康とは言えない状況に苦しんでいるのです。
 みなさんも、最近、アトピー、アレルギーやシックスクールに苦しむ子どもが増えているのに気づいているのではないでしょうか?また、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、自閉症などの発達障害をもって生まれる子どもが増えているともいわれています。    
 わたしたち「ダイオキシン・環境ホルモン国民会議」は、子ども達をとりまく環境や社会の変化が大きな影響を与えているのではないかと考えています。 学校や家庭環境のみならず、自然環境の悪化や化学物質の影響も大きいでしょう。
 国民会議は、子どもの健康を守れるような環境づくりが必要であると考え、2003年から「子ども環境保健法」の制定を目指して活動してきました。
 そして、この度、さらに広い視野で子どもと健康の問題に取り組んでいくために、「子どもプロジェクト」を立ち上げることになりました。今、このプロジェクトで一緒に活動してくれる仲間を募集しています。 子どもの問題に関心のある方ならどなたでも歓迎します。 ご興味のある方は事務局までお問い合わせ下さい。
また、7月21日に最初の打ち合わせを予定しております。ぜひご参加ください。

続き... | 残り2532バイト | コメントする

投稿者: kato 投稿日時: 2005-5-23 10:08:55 (763 ヒット)

 埼玉県環境国際センターで、あさがおを用いた光化学スモッグによる植物被害調査を実施することになりました。
 調査内容は、ご自宅の庭などに当センターから配付されるアサガオの苗を植えて育て、その葉に発生する障害を定期的に観察・記録していくものです。
 毎年続けていくもので、今回は試験的に始めますので、苗の数が限られています。だいたい当会では5つくらいなら大丈夫だそうです。
 ご希望の方は、ここの観察局に登録している当会まで、6月19日(日)までにご連絡下さい。


投稿者: sekikawa 投稿日時: 2005-5-12 18:16:00 (753 ヒット)

化学物質は、私たちの豊かな経済活動を支えていますが、
一方では環境汚染をもたらし、様々な健康影響が懸念されています。
また、子どもは大人よりも体重あたりの呼吸量や
飲食量が多いことや、子どもは物を口に運ぶ行動があることなどから、
化学物質が子どもへ与える影響は大人よりも大きいといわれています。
今回の講座では、大人は勿論、これからの世代を担う子ども達のために、
暮らしの中の化学物質について考えます。

続き... | 残り1749バイト | コメントする

« 1 ... 25 26 27 (28)

活動目的と活動内容
<活動目的> 彩の国資源循環工場についての活動を通じて、大量生産・大量消費・大量廃棄の社会の仕組みを見直し、地球にやさしい本来の資源循環型社会を目指します。 <主な活動内容> ・松葉によるダイオキシン類・重金属類調査と報告会 ・桜(ソメイヨシノ)異常花発生率調査[桜調査ネットワーク] ・小川町、寄居町の小中学校健康保険調書による疫学的調査 ・アサガオによる光化学スモッグ調査[埼玉県環境科学国際センター] ・埼玉県へ意見書・要望書・公開質問状 提出 などなど…ぜひ、あなたの力をお貸しください。 いっしょに活動する「正会員」、イベント情報受け取れる「賛助会員」があります。

新着リンク