活動報告 一覧

メインメニュー

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

検索

イベント・講演会・お知らせ : 6月21日シメキリ 農水省パブリックコメント意見募集 遺伝子組み換え承認に反対を!
投稿者: kato 投稿日時: 2011-6-13 11:23:51 (1024 ヒット)

<Nさんからの情報>
農水省のパブリックコメント募集です。反対意見を出してください!下記農水省HPに承認に向かう、プロセスが出ています。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550001373&Mode=0


遺伝子操作は、放射線を使ったものがあり、推進派のおおもとは欧米各国に基盤をおく多国籍企業という点でも、原発問題と重なります。注目を!

おすすめ本 「自殺する種子―アグロバイオ企業が食を支配する (平凡社新書) 安田 節子 (著)  756円
遺伝子組換えセイヨウナタネ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集について

隔離ほ場での試験栽培の承認を受けるために申請者から提出された申請書類。
第一種使用規程承認申請書
平成22 年10 月15 日
氏名 日本モンサント株式会社
申請者 代表取締役社長 山根 精一郎 印  住所 東京都中央区銀座四丁目10 番10 号
農水省担当の「消費・安全局農産安全管理課」電話:03−3502−8111(内線4510)は、問題がないとして、承認しようとしているようです。

☆メールによる意見提出アドレス (農水省HP) https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/b3da.html

意見例ー
「遺伝子を操作することで経済原理に都合のよい食べ物を作ること自体、安全神話をもとに進められ、収束のあてもない国策の原発同様、見直す時期だと思う。拒否したくてもできない放射能汚染に日本中がおびえ、不安な毎日を送っている現状を直視すべき。このうえ人間の身体にとってわずかでも害になりうるものを取り込みたくないと願うのは、極めて自然な防衛本能だ。」

「自然の摂理に反することは、いかなることもしてはならない。まして、それが営利を目的とするものはである。食生活は人間の生命の基本に関わることである。人間の身体に不自然を持ち込むことは避けられないこと以外は容認すべきでない。」

印刷用ページ このニュースを友達に送る

活動目的と活動内容
<活動目的> 彩の国資源循環工場についての活動を通じて、大量生産・大量消費・大量廃棄の社会の仕組みを見直し、地球にやさしい本来の資源循環型社会を目指します。 <主な活動内容> ・松葉によるダイオキシン類・重金属類調査と報告会 ・桜(ソメイヨシノ)異常花発生率調査[桜調査ネットワーク] ・小川町、寄居町の小中学校健康保険調書による疫学的調査 ・アサガオによる光化学スモッグ調査[埼玉県環境科学国際センター] ・埼玉県へ意見書・要望書・公開質問状 提出 などなど…ぜひ、あなたの力をお貸しください。 いっしょに活動する「正会員」、イベント情報受け取れる「賛助会員」があります。

新着リンク