活動報告 一覧

メインメニュー

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

検索

イベント・講演会・お知らせ : ゴールデンウィークに出来るボランティア
投稿者: kato 投稿日時: 2011-4-21 9:55:18 (961 ヒット)

ゴールデンウィークを使ってボランティアしませんか?<市民キャビネット災害支援部会>
日時 平成23年4月29日(祝・金)から5且8日(日)の間
定員 4から6名でチームを組みます。期間中随時被災地と本部の間にワゴン車を運行します。
場所 岩手、宮城、福島(宿泊できるよう手配します。寝袋または毛布持参ください。)
本部(出発・帰着) 〒338-0824 埼玉県さいたま市桜区上大久保519番地1
   埼玉県浦和・大久保合同庁舎1号館5階(【最寄駅】JR南与野駅から徒歩30分【バス便の案
内】JR北浦和駅西口3番バス停から「大久保団地東」下車徒歩1分)

参加条件 4月24日(日)全国プロジェクト(於立正大学)参加。できれば11:00から
4月29日(祝)11:00から研修(於川越水上公園)参加。以上及び最低連続3日間は被災地活動できること。(第1陣は30日早朝に出発予定。29日は埼玉NPOハウスに宿泊)
研修費用 一般10,000円、学生5,000円(講習費、終了証、ユニホーム代含む)活動資金にさせて頂きます。写真2枚(2.5×3.0)※間に合わない方は、こちらで撮影します。
出動に係る自己負担金 食事代を除き無料(支援金から支出)
目的 連休を活用して、組織的に人的支援を行う。
阪神・淡路大震災と今回の震災との決定的な相違は、NPOがない時代とある時代の差です。NPOはボランティアの発展形、リーダーと位置づけて活動してきました。
私たちは被災地のNPOと協働して活動します。
そのため研修会を開催し、現地にボランティアで入られる方に、予備知識、チームワーク、横のネットワーク、救援隊としての自己完結および後方支援を提供します。
内容
1) NPO、新しい公共をつくる市民キャビネットとは
2) 協働型災害ボランティアセンターとは
3) 被災地での活動の心得
※同一ユニホームでの活動は、信頼と相互扶助が得やすく、終了証が名札となって被災者に安心感を与えます。
今回のボランティアに対する補償保険はNPO総合保険で対応します。詳細は
http://www.npo-support.jp/
申請に基づきボランティア証明証を発行します。

詳細はhttp://citycabinet.npgo.jp/

印刷用ページ このニュースを友達に送る

活動目的と活動内容
<活動目的> 彩の国資源循環工場についての活動を通じて、大量生産・大量消費・大量廃棄の社会の仕組みを見直し、地球にやさしい本来の資源循環型社会を目指します。 <主な活動内容> ・松葉によるダイオキシン類・重金属類調査と報告会 ・桜(ソメイヨシノ)異常花発生率調査[桜調査ネットワーク] ・小川町、寄居町の小中学校健康保険調書による疫学的調査 ・アサガオによる光化学スモッグ調査[埼玉県環境科学国際センター] ・埼玉県へ意見書・要望書・公開質問状 提出 などなど…ぜひ、あなたの力をお貸しください。 いっしょに活動する「正会員」、イベント情報受け取れる「賛助会員」があります。

新着リンク