活動報告 一覧

メインメニュー

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

検索

彩の国資源循環工場 関連 : 9月16日 第鵺期事業について生活クラブ熊谷ブロックと埼玉県で話し合い
投稿者: kato 投稿日時: 2010-11-1 6:06:49 (1023 ヒット)

彩の国資源循環工場第鵺期事業 環境アセスについて、9月16日に、生活クラブ熊谷ブロックと話し合いを持ちました。

http://okantenuki.exblog.jp/14025953/

生活クラブ生協(埼玉)熊谷ブロックでは、「資源循環工場第二期工事」に意見書を提出しました。

最終処分場もまだ半分残っているし、どの工場が入るかも決まっていない状況なので、自然環境が失われるこの工事は、本当に必要になるまで凍結すべきではないかなどの内容でした。

見解書をいただいたのですが、詳しくうかがおうということで、申し込んだところ、9月16日に実際お会いして話し合いを持つことができました。

当初こちらが県庁まで出向くつもりでしたが、環境部資源循環推進課の資源循環工場整備担当の蓮見典保主幹と猪俣利和副課長が寄居の環境整備センターまできてくださいました。

循環工場の周辺住民としては、どうしても必要というのであればしかたがないが、今の状況はそういうふうには受け取れない。
納得できるデータや根拠を示して欲しいとお願いしました。

重金属やダイオキシンなどは、排出口での連続測定を行い、異常値の出た時は操業停止できるようにして欲しい。

周辺住民の健康調査、毛髪による重金属や有害化学物質測定。
頭痛、吐き気、めまい、咳などのアンケート調査をし、その結果を他地域と比較するようなこともして欲しい。

私たちのカンパで行われた松葉(赤松)調査の結果で、水銀値が他の工場地域の4〜5倍になったので、この結果を考察していただきたいとお願いしました。

猪俣副課長、蓮見主幹は、わざわざ県庁からいらしていただき、貴重な時間を割いてくだくさいました。
これからもどうかよろしくお願いします。

緑豊かな里山が、最終処分場や有害物質を煙突から出すリサイクル工場群に変容していきます。
地域の住民にしてみると、とってもいやなことです。
残された緑をなるべく保全したいという思いを、県の職員やごみを出すみなさんにわかっていただけるといいのですが・・・。

本当は、第鵺期を進めるのは、まだやめてほしいのです。
せめて、本当に必要になるまで工事を凍結して欲しいのです。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

活動目的と活動内容
<活動目的> 彩の国資源循環工場についての活動を通じて、大量生産・大量消費・大量廃棄の社会の仕組みを見直し、地球にやさしい本来の資源循環型社会を目指します。 <主な活動内容> ・松葉によるダイオキシン類・重金属類調査と報告会 ・桜(ソメイヨシノ)異常花発生率調査[桜調査ネットワーク] ・小川町、寄居町の小中学校健康保険調書による疫学的調査 ・アサガオによる光化学スモッグ調査[埼玉県環境科学国際センター] ・埼玉県へ意見書・要望書・公開質問状 提出 などなど…ぜひ、あなたの力をお貸しください。 いっしょに活動する「正会員」、イベント情報受け取れる「賛助会員」があります。

新着リンク